マジックザギャザリング専門ブログ まじつくざ

マジックザギャザリングに魅了された管理人がパック開封したりmtgで遊ぶ事を記事にしていきます。

サクッと1枚「消耗した全能」

ども、小次郎です!

 

みんな大好きボーラス様!彼が描かれているカードって強力だったり弩級の効果だったりと派手なものが多いですよね!

今回はそんなボーラス様カードを紹介!

 

f:id:magitsukuza:20200406233640j:image

「消耗した全能」

 

ボーラス様がその圧倒的な力を失ったシーンを描いた1枚。

全能なる力の消失を表したカードの効果は凄いです…

(3)(黒)(黒)ソーサリー「各プレイヤーはそれぞれ、自分のライフの半分を失い、自分の手札にあるカードの半数を捨て、その後自分がコントロールしているクリーチャーの半数を生け贄に捧げる。それぞれの端数は切り上げる。」というもの。

全てのプレイヤーがボーラス様のように力を失うというデザイン!面白いですね!

相手プレイヤーが沢山該当のものを持っていれば持っているほど損失が大きくなるので使い所を見極めたいカードです。土地、アーティファクト、プレインズウォーカーは半分の対象にならないので自分のデッキにそのカード種を多く入れるという手もありますね!

対象も各プレイヤーなので多人数戦でも輝く1枚!自分の手札やクリーチャーをなんらかの形で消費してから放って相手だけに多大な損害を与えてあげましょう!

 

全員で仲良く弱体化!

沢山所持するのは危険という事を思い知らせる1枚ですね笑

 

ではまた!

 

 

 

 

サクッと1枚「変幻の襲撃者」

どうも、小次郎です!

 

 

色んな海賊が収録された「イクサラン」ブロック!

そんな中で気になった海賊をご紹介!!

 

f:id:magitsukuza:20200405232326j:image

「変幻の襲撃者」

 

(1)(青)(赤)2/2と相手の脅威にはならないようなクリーチャーですが、「変幻の襲撃者」は条件さえ満たせば本当に化けます!

「強襲 このターンにあなたがクリーチャーで攻撃していたなら、あなたは変幻の襲撃者を戦場にあるクリーチャー1体のコピーとして戦場に出してもよい。」

攻撃的なデッキを有利にしてくれる効果「強襲」、それを満たせば「変幻の襲撃者」は戦場にいるクリーチャーののコピーとして参上!!

自分のコントロールするクリーチャーのコピーとして出して更に戦力強化するも良し!相手のクリーチャーのコピーとして出して脅威返しするも良し!楽しいクリーチャーですね!

 

こういう面白いカードは「EDH」で使ってみたくなりますねー。相手の統率者のコピーとして出したら強力そうですなあ…笑

相手のクリーチャーのコントロールを得れる「反逆の行動」などで相手の伝説のクリーチャーを奪い攻撃後に「変幻の襲撃者」をそのクリーチャーのコピーとして出してしまえば「レジェンドルール」の適応でコピー元を生贄に捧げれるので除去のように使えますね!…え?手間がかかり過ぎる??笑

 

この海賊が狙うのは財宝ではない…貴方の姿だ。

相手の強力なクリーチャーを待ち過ぎて勝利を逃さないようにご注意を!

 

ではまた!

 

 

 

 

 

イコリアで生き残れ!新要素サクッと紹介!

どうも、小次郎です!

 

「イコリア 巨獣の棲処」ゴジラコラボカードや新カードもドンドン公開されて盛り上がってきましたね!

さてさて、今回の記事は「イコリア 巨獣の棲処」で新たに追加されたメカニズムをサクッと紹介していきたいと思います。

自分もあまり理解してない部分があるので文にしながら整理していきたいと思います!

 

題して…

f:id:magitsukuza:20200404223045p:image

「イコリアで生き残る為の新要素復習!」

 

新要素の名称ですが、

  1. 変容
  2. キーワードカウンター
  3. 相棒

 

あと、新要素ではありませんが「サイクリング」も登場します。

シナジーを得れるようなカードも多数出るようなので期待ですね!

 

最強のクリーチャーを創り出せ!「変容」

 

クリーチャー同士を合体させ、2体の特性を持つクリーチャーを作り出せる効果「変容」

融合クリーチャーを作成できる…気分はマッドサイエンティストですね!笑

 

さて、この「変容」ですが、簡単に説明すると…

「変容を持つクリーチャーを変容コストで唱えた場合、自分のコントロールする人間以外のクリーチャーの上か下に置き、上のクリーチャーは下のクリーチャーの能力を持つ」って感じです。

「変容」を持つクリーチャーは「自身を既に場にいるクリーチャーの強化カードにする」か「既に場にいるクリーチャーを自身の強化カードにする」かを選択できるって事ですね。

名称や色、クリーチャータイプやパワータフネスは上のカードのものになります。

ちょっと注意なのは、「変容」で唱えたカードは場に出たことにはならないそうです。既に場にいるクリーチャーを変化させたってイメージですね。

 

もし「変容」コストでプレイされたカードを打ち消したい場合は「クリーチャー呪文」としてプレイされてますので「クリーチャー呪文」を対象とした打ち消しで対応可能です!そして、「変容」したクリーチャーは1体のクリーチャーとして扱われるので、バウンスや追放は全て一緒に移動するかと思います。

 

この効果「アンステーブル」であった合体カードに似てますね!そこから採用って感じでしょうか。

違うところは「変容」は同じクリーチャーに複数行うことも可能ですね!

最強の合体巨大生物を作り上げて憎き正義の巨大ロボットと対決…はまた別の機会に笑

 

ターン終了時に終わらない!キーワードカウンター!

 

「トランプル」や「飛行」を「+1/+1カウンター」のようにクリーチャーに付与できる「キーワードカウンター」

これはとってもわかりやすいですね!

キーワードカウンターが置かれたクリーチャーはそのキーワード効果を得ます。カウンターが取り除かれない限り…

クリーチャー強化の歴史が変わる効果ですねぇ…「変容」といい今回はクリーチャーをパワーアップさせる事が面白くなるセットですね!

 

いろんなキーワード能力持たせた器用なクリーチャーを誕生させましょう!

 

気分はEDH?条件構築で「相棒」ゲット!

 

構築にまで影響を与える「相棒」

「相棒」を持つカードに書かれた条件を満たしたデッキならサイドボードから唱えれる「相棒」を使う事ができるという斬新な効果!

そう、まるで「統率者」!!スタンダードの通常ルールでこのようなゲーム体験ができるようになるとは本当に驚きですねぇ…

 

「統率者」と違うのは1度唱えたらそのゲーム中はサイドボードには戻りません。

破壊や追放されたら墓地行きです。「相棒」は1度力を貸す事を決めたら一蓮托生なんですね笑

 

サイドボードが存在しないルールなどの場合はデッキの条件を満たし、用意さえしておけば唱える事が可能です。

「EDH」の場合はデッキ100枚に含めなくてOKですが当然、「相棒」の条件は満たす必要はありますからね!

 

 

新しい試み!これだからMTGは面白い!

 

サクッと紹介させていただきましたがわかりましたでしょうか?

 

どの効果も早く触ってみたいものばかりで発売が待ち遠しいですね!

 

自分は「相棒」をたくさん「変容」させて、これでもかってくらい「キーワードカウンター」乗せて…

究極無敵銀河最強クリーチャーを創り出して見せますよ!!笑

頑張ってパワーアップさせたクリーチャーには愛着が湧きそうですねぇ!

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イコリアに怪獣大進撃!?日本コラボ再び!

どうも、小次郎です!

 

いやー、MTGプレイヤーの方々は衝撃を受けたんじゃないでしょうか。

 

ゴジラ×MTG!!コラボ決定!!

 

昨年の「灯争大戦日本イラストレーター版プレインズウォーカー」に続き、今回は日本が誇る大怪獣ゴジラとコラボが決定!

とんでもない事が起きちゃいましたね…

今回の記事では、ゴジラコラボカードの入手方法を簡単に纏めました。

 

全19枚!コンプリートするには?

 

まずはこの1枚。

f:id:magitsukuza:20200403230916j:image

「怪獣王、ゴジラ

こちらはブースターBOX購入特典でゲットできます!

ネットでの購入では入手できない可能性があるので店頭予約で入手できるか確認してゲットしましょう!

 

そして今から紹介する18枚のカードは通常ブースターパックやコレクターブースターパックから入手する事が可能です。

コレクターブースターパックには必ず1枚ゴジラコラボカードが封入されるので要チェックですね!

f:id:magitsukuza:20200403231350j:image
f:id:magitsukuza:20200403231403j:image
f:id:magitsukuza:20200403231412j:image
f:id:magitsukuza:20200403231422j:image
f:id:magitsukuza:20200403231340j:image
f:id:magitsukuza:20200403231330j:image
f:id:magitsukuza:20200403231333j:image
f:id:magitsukuza:20200403231344j:image
f:id:magitsukuza:20200403231409j:image
f:id:magitsukuza:20200403231347j:image
f:id:magitsukuza:20200403231417j:image
f:id:magitsukuza:20200403231336j:image
f:id:magitsukuza:20200403231354j:image
f:id:magitsukuza:20200403231359j:image
f:id:magitsukuza:20200403231426j:image

私は本当にMTGのカードを見ているのでしょうか…(混乱)

胸躍るコラボレーションですねぇ…

こちらのカードたちですが、英語版の入手には注意が必要です。

前回の「灯争大戦」同様、通常ブースターパックからゴジラコラボカードを入手する場合は「日本語版ブースターパック」からゲットするしかありません!

封入率は低めですがその分出会った時の嬉しさは大きいですね!

封入率は

通常版は12パックに1枚。

プレミア版は60パックに1枚。

確率らしいです!

 

英語版だけでなく日本語版以外の各言語のゴジラコラボカードはその言語のコレクターブースターパックからしか入手出来ないので入手が難しいです。

他言語版を希望する方々は単品購入かコレクターブースターパック開封しましょう!

 

更に、日本語版限定のカードも存在!

f:id:magitsukuza:20200403232551j:image
f:id:magitsukuza:20200403232543j:image
f:id:magitsukuza:20200403232547j:image

こちら3枚は日本語版のみ!他言語版は存在しないなんとも嬉しいカードたち!

これは日本語版パック剥きまくるしかないですね…

 

あと、ブースターパックのボックスについてくる「ボックストッパー」にも、プレミア版のゴジラコラボカードが1枚封入されるそうです!

お気に入りの1枚を是非とも光らせたいですね!

 

ついでに、ゴジラコラボカードの説明。

 

この魅力いっぱいのゴジラコラボカードですが、ゲーム中ではどういう扱いになるのか。

簡単に言うと「元となるカードの名称とイラストが変更になっているだけなので、基本元のカードとして扱う」という感じです。

なのでゴジラコラボカードの名称の下にある元の名前として扱う感じです。なので元のカードとコラボカードは同名称なのでデッキに4枚までしか入れれません。

 

再び日本とのコラボ!ありがとうMTG

 

いやはや、発売日が待ち遠しいコラボの決定!

これを機にMTGに興味を持つ方々が増えてくれると嬉しいですね!

 

この調子で1年に1回日本とのコラボがあればいいですねぇ笑

 

ではまた!

 

 

 

 

 

サクッと1枚「双頭巨人」

どうも、小次郎です!

 

今回はチームワークが鍵を握るカード!

 

f:id:magitsukuza:20200402233914j:image

「双頭巨人」

 

このカードは…当てた時衝撃を受けましたね…あまりにも使いにくそうで笑

 

(2)(赤)(赤)4/4「双頭巨人が攻撃するたび、コインを2枚投げる。両方とも表が出たなら、ターン終了時まで、双頭巨人は二段攻撃を得る。両方とも裏が出たなら、ターン終了時まで、双頭巨人は威迫を得る。」

…ん?なんでそんなに運任せな効果なんですか?

4マナ4/4二段攻撃か4マナ4/4威迫のどちらかになれる可能性のあるクリーチャー…運が悪ければただの4マナ4/4…赤の特色にギャンブル性がありますがここまで使いにくいクリーチャーは珍しいですよね笑

運良く連続で二段攻撃得れたらそれなりに脅威かもですが…攻撃時に効果発動なのでどの状態になれたか選んでから攻撃は不可…ううう使いにくい!!笑

多分コイン投げで2つの頭の意思疎通を表してるんだと思うのですが、そういう点はユニークで見所ある1枚ですね!

 

「双頭巨人戦」なんていう彼が名前を飾ってる遊び方があるのにこの残念効果…「双頭巨人戦」も「双頭巨人」チームワークが重要ってことですね…うん、無理やりまとめられない!笑

 

何か有益な使い道があったら教えていただきたい1枚…

情報求!

 

ではまた!

 

 

 

 

サクッと1枚「残忍な剥ぎ取り」

どうも!小次郎です!

 

今回は当時、友人に使われて苦しめられたカードシリーズ!

こいつには何度殴り殺されたことか…

 

f:id:magitsukuza:20200401222136j:image

「残忍な剥ぎ取り」

 

「イニストラードを覆う影」ブロックの時にMTG復帰した自分ですが最初に苦しめられたカードと言っても過言ではない1枚。

(黒)(緑)2/2トランプル。この時点で十分強いんですよコイツは!それだけでいいんですよ…とはいえこの「残忍な剥ぎ取り」は神話レア…レアリティ高い彼はこれだけじゃないんですよ…

 

「残忍な剥ぎ取りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚見る。そのうちの望む枚数をあなたの墓地に置き、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。
昂揚 あなたの墓地にあるカードにカードタイプが合計4種類以上含まれるかぎり、残忍な剥ぎ取りは+2/+2の修整を受ける。」

スレッショルド」の種類版みたいな効果「昂揚」。達成すれば何かしらの恩恵を受けれますが「残忍な剥ぎ取り」は+2/+2の修正を受けれます。

2マナ4/4トランプルになるなんてやりすぎじゃないですか!?後半に出ても十分活躍できるスペック…もう厄介!!

当時は「昂揚」達成に使えるカードも多かったので、パワーアップも容易でしたし、プレイヤーに戦闘ダメージ与えればライブラリーのトップ操作と墓地肥やし可能…自身で「昂揚」の達成も目指せる1枚完結型クリーチャー…ああ…見るだけで当時の苦しみを思い出します笑

 

イラストを見ると女性物の手袋持ってますし、か弱き女性から略奪するその残忍さ許せないですな!!笑

ある意味「タルモゴイフ」な効果を持つ強力クリーチャー!

残忍に相手から勝利を剥ぎ取りましょう!

 

ではまた!

 

 

 

 

サクッと1枚「治癒の軟膏」

ども、小次郎です!

 

今回は回復カードの元祖!

MTGの回復や軽減はこのカードから始まった!?そんな1枚を紹介!

 

f:id:magitsukuza:20200331233213j:image

「治癒の軟膏」

 

最初のパック「アルファ」に収録された有名な回復と軽減が可能なカード。

(白)インスタント「以下から1つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、3点のライフを得る。
・クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、それに与えられる次のダメージを3点軽減する。」というとってもシンプル効果。

相手とのダメージレースにちょっとした癒しを…微量とはいえ助けられる機会は多いかもしれません。

自身がライフを得ることにより効果を発動するカードのお供にしたり、相打ち状態のクリーチャー戦をダメージ軽減しこちらだけ生存させたりと地味に戦略的な一手に使えるカードですね。

 

MTG制作時に各色に用意された「1マナで何かを3」というカードサイクルの白版でその中でも最弱と思われがちな「治癒の軟膏」ですが、使い手の腕次第では十分光る1枚かもしれませんね…笑

 

ではまた!